H-06 宗教と生きがい梵字入門日本に伝わったインドの文字

開講済

講座概要

開催日 2017年9月26日(火)~12月19日(火)
曜日
時間 18:30~20:00
受講定員 20 名
回数 全10回
受講料 15,000 円

講座内容

梵字は仏教の伝来とともに日本に伝わったインドの文字です。そして梵字は仏さまを表します。本講座では、梵字の書法を中心に講義と実習を行います。皆さまとともに梵字仏を書いていこうと思います。

テキスト

■テキスト:プリントを用意します。

持参物

■ご持参いただくもの:筆記用具、書道用具(筆(大小)、硯、墨(墨汁可)、半紙、文鎮、下敷、新聞紙、雑巾)

注意事項

第1回目からスタートしますので、すでにお持ちの書道用具を持参して下さい。

スケジュール

実施日 時間 講義内容
1 2017年09月26日(火) 18:30~20:00 梵字の歴史。梵字の基本1。
2 2017年10月03日(火) 18:30~20:00 梵字の構成。梵字の基本2。
3 2017年10月10日(火) 18:30~20:00 真言と陀羅尼。梵字の基本3。
4 2017年10月24日(火) 18:30~20:00 書体の変遷。梵字の基本4。
5 2017年11月07日(火) 18:30~20:00 梵字仏の作例。梵字の基本5。
6 2017年11月21日(火) 18:30~20:00 密教瞑想(阿字観)について。点画と切継。
7 2017年11月28日(火) 18:30~20:00 追善供養と十三仏。十三仏を書く。
8 2017年12月05日(火) 18:30~20:00 般若心経を書く1。
9 2017年12月12日(火) 18:30~20:00 般若心経を書く2。
10 2017年12月19日(火) 18:30~20:00 般若心経を書く3。

講師

赤塚 祐道
(新義真言宗 徳蔵寺住職)

児玉義隆氏より智満流、松本俊彰氏から慈雲流の手ほどきを受け、考試・灌頂壇に入る。大正大学綜合仏教研究所研究員、国際仏教学大学院大学附置日本古写経研究所特任研究員を経て、新義真言宗徳蔵寺住職。博士(文学)。

開講済

ページの先頭へ