B-09 歴史と文化土地に刻まれた歴史を読む地図から自然の営力を読み解く

開講済

講座概要

開催日 2017年11月6日(月)~12月4日(月)
曜日
時間 13:30~15:00
受講定員 40 名
回数 全5回
受講料 7,000 円

講座内容

昨今の自然災害から、この国が火山列島であることを、改めて認識させられます。起きてしまった後に、自然への畏怖を持つのではなく、日頃から身近な環境(自然)に関心を払うことが大切です。それには、地形図を「読む」ことが、一つの有効な“術”になります。
知識の宝庫と云われる地図には、土地の歴史の全てが、細かく記されています。今回は、自然界から断層・河川・丘陵・火山に絞り、事例地の地形図を手元に、その自然力を読み取っていきます。

テキスト

■テキスト:毎回プリントを配付します。
講義ではスライドを併用します。

スケジュール

実施日 時間 講義内容
1 2017年11月06日(月) 13:30~15:00 地下の断層を地表から診る術
2 2017年11月13日(月) 13:30~15:00 川の流路争いの古い痕跡をたどる
3 2017年11月20日(月) 13:30~15:00 都会の斜面が崩れるメカニズム
4 2017年11月27日(月) 13:30~15:00 富士の見える処に良い温泉は無い?
5 2017年12月04日(月) 13:30~15:00 火山噴火と警戒レベルへの戸惑い

講師

永野 征男
(日本大学名誉教授)

日本大学大学院理工学研究科博士課程修了。理学博士。日本大学名誉教授。専門領域は「地誌学」・「都市論」。
現在、横浜市立大学・日本大学講師。鎌倉市都市計画審議会・鎌倉市まちづくり審議会委員。州立ワシントン大学客員研究員。社会人講座は、朝日カルチャーセンター、横浜・川崎・調布市などの市民講座を歴任。

開講済

ページの先頭へ