B-23 歴史と文化日帰り美術観照スタディ・ツアー神奈川の仏像

お問い合わせください

講座概要

開催日 2019年11月16日(土)~11月18日(月)
曜日 月・土
時間 (事前講義)13:00~14:30(ツアー)12:00~16:00
受講定員 20 名
回数 全2回
受講料 5,000 円(一部の講座は教材費を含みます。)

講座内容

海老名と厚木に仏像を訪ねます。龍峰寺の千手観音像は頭上に合掌手を持つ清水寺式と称される像で、一木造でありながら玉眼を使用する極めて珍しい像です。どっしりとした体部や深い衣文表現など平安時代初期の像にも通じる要素を感じさせ、制作年代など謎の多い像です。国分寺は奈良時代建立の相模国分寺の後身寺院で、十二神将像を所
蔵しています。金剛寺本尊の阿弥陀如来像は平安時代後期における正統的な定朝様式の像で、東国における定朝様式の伝播と受容を考える上で極めて貴重な像です。晩秋の一日、神奈川の仏像を訪ねる旅に出かけましょう。

テキスト

■教材:プリントを配付します。

持参物

筆記用具

備考

事前講義= 11月16日(土)13:00~14:30 於 鶴見大学会館
ツアー= 11月18日(月)12:00~16:00
【行程】
小田急線海老名駅(12:00 集合出発)=バス=弥生神社前バス停…(徒歩)…龍峰寺…(徒歩)…国分寺…(徒歩)…海老名駅=電車=本厚木駅=バス=飯山観音前バス停…(徒歩)…金剛寺(16:00 頃解散)

注意事項

※雨天決行。なお、行程は変更になる場合があります。
※現地集合・現地解散となります。
※昼食を済ませてから集合してください。また、飲料は各自でご用意ください。詳しくは事前講義でご説明します。
※受講料には、拝観料等が含まれます。なお、交通費は含まれません。
※当日、御葬儀などがある場合は拝観できない可能性があります。

スケジュール

実施日 時間 講義内容
1 2019年11月16日(土) 13:00~14:30 事前講義
2 2019年11月18日(月) 12:00~16:00 ツアー

講師

工藤 健一
(本学文学部講師)

青山学院大学大学院博士後期課程単位修得退学。東京大学史料編纂所古代史料部非常勤所員、聖学院大学講師を経て、現在、鶴見大学・玉川大学・青山学院大学講師。

お問い合わせください

ページの先頭へ