B-05 歴史と文化『今昔物語集』の世界を楽しむ

開講済

講座概要

開催日 2019年10月17日(木)~2月13日(木)
曜日
時間 13:30~15:00
受講定員 40 名
回数 全8回
受講料 14,000 円(一部の講座は教材費を含みます。)

講座内容

『今昔物語集』は1000 以上の説話を収めた平安時代院政期に成立した説話集です。天皇から庶民、変化の者たちまで、人間臭い振舞いや不思議な行動を繰り広げ、現代人が想像できない平安時代の人々の発想・生活や世相を教えてくれます。今回は、有名な道成寺の話のほか、勇ましい女たちや奇妙な僧、受領郎等や商人の話など、様々なタイプの話を選びました。『源氏物語』では窺えない平安時代を、歴史学が専門の講師とともに学びましょう。

テキスト

■教材:プリントを配付します。

注意事項

各話、長いもの短いものがありますので、1回1話とは限りません。下記の説話を順次読んでいきます。進行状況によって順序が変更等になることもあります。

スケジュール

実施日 時間 講義内容
1 2019年10月17日(木) 13:30~15:00 女が蛇となり道成寺の鐘に隠れた僧を焼き殺す話。その後は? (巻14-3)
鎮西の武士が双六で喧嘩となり、女たちに殺される話 (巻26-23)
僧春朝が囚人に法華経を聞かせるため、わざと罪を犯す話 (巻13-10)
平茸を食べて死んだ僧と死ななかった僧の話(巻28-17)
受領郎等の佐多の野卑な振舞いに、女が和歌でやり込める話 (巻24-56)
唐人に真珠を売って大儲ける話(巻26-16)
内裏の宴の松原の鬼が人を喰う話(巻27-8)
内野の死体を運んで富裕になった男の話(巻16-29)
2 2019年10月31日(木) 13:30~15:00 ※上記の説話を順次読んでいきます。
3 2019年11月14日(木) 13:30~15:00 ※上記の説話を順次読んでいきます。
4 2019年11月28日(木) 13:30~15:00 ※上記の説話を順次読んでいきます。
5 2019年12月12日(木) 13:30~15:00 ※上記の説話を順次読んでいきます。
6 2020年01月16日(木) 13:30~15:00 ※上記の説話を順次読んでいきます。
7 2020年01月30日(木) 13:30~15:00 ※上記の説話を順次読んでいきます。
8 2020年02月13日(木) 13:30~15:00 ※上記の説話を順次読んでいきます。

講師

中込 律子
(学習院大学講師)

学習院大学大学院人文科学研究科史学専攻博士後期課程単位取得。博士(史学)。学習院大学・学習院女子大学・東京女子医科大学・東京農工大学の非常勤講師など。

開講済

ページの先頭へ