T-05 体験講座【体験】生きたことのあかし-女の日記・男の日記-

開講済

講座概要

開催日 2019年9月27日(金)
曜日
時間 13:30~14:30
受講定員 30 名
回数 全1回
受講料 1,000 円(一部の講座は教材費を含みます。)

講座内容

平安時代の女流日記・女房日記は、独自の世界を切り開き、きわめて高く評価されています。男性貴族の日記はそれらよりはるかに数が多く、また内容豊富。親しみづらい顔つきの文章ですが、読んでみるとその面白さに驚かれるでしょう。文学の側の女の日記と歴史資料として扱われる男の日記とを、ほんの少しだけ比べ、平安時代の意外な一面に出会っていただくのが目的です。本文に即し、出来れば新見をお示ししたいと考えています。王朝の優雅だの女性の悲劇だの、もしくは古典の叡智だの、どこにでもある批評や鑑賞はつまらないものですので。

備考

体験講座受講者にはつるみんグッズプレゼント!
※当日の受付にて先着順となります。

注意事項

お申込みは1講座ごとです。
体験講座のみのお申込みも可能です。
体験講座のみのご受講でも本学図書館の貸出サービスを受けられます。

スケジュール

実施日 時間 講義内容
1 2019年09月27日(金) 13:30~14:30 生きたことのあかし-女の日記・男の日記-

講師

髙田 信敬
(本学名誉教授)

東京大学大学院博士課程中退。国文学研究資料館助手・鶴見大学文学部専任講師を経て、現在は鶴見大学名誉教授。
平安時代文学、特に『源氏物語』・和歌の論文が多い。

開講済

ページの先頭へ