B-25 歴史と文化日帰り美術観照スタディ・ツアー鎌倉の仏像

お問い合わせください

講座概要

開催日 2019年1月26日(土)~1月30日(水)
曜日 水・土
時間 (講義)13:00~14:30(ツアー)10:00~15:30
受講定員 20 名
回数 全2回
受講料 4,500 円

講座内容

鎌倉に仏像を訪ねます。明王院の不動明王像は肥後法橋定慶の作と考えられており、鎌倉時代初期の慶派仏師の造像を考える上で注目される像です。覚園寺の本尊薬師三尊は鎌倉を代表する三尊仏ですが、中尊は慶派風の表現を見せるのに対し、両脇侍は室町時代前期に活躍した仏師朝祐の作で宋風の表現が顕著です。来迎寺の如意輪観音像は鎌倉時代後期から南北朝期にかけての制作と考えられる像ですが、鎌倉地方の仏像装飾の特徴である「土紋」がよく残っており、東国の仏像の表現を考える上で重要な位置を占める像です。冬の一日、鎌倉に仏像を訪ねる旅に出かけましょう。

テキスト

■テキスト:プリントを配付します。

持参物

筆記用具

備考

事前講義=1月26日(土)13:00~14:30
ツアー=1月30日(水)10:00~15:30
【行程】
JR鎌倉駅(10:00集合出発)=バス=泉水橋バス停…(徒歩)…明王院…(徒歩)…泉水橋バス停=バス=岐れ道バス停…(昼食休憩)…覚園寺…(徒歩)…来迎寺(15:30頃解散)

※雨天決行。なお、行程は変更になる場合があります。
※現地集合・現地解散となります。
※昼食・飲料は各自でご用意ください。詳しくは事前講義でご説明します。
※受講料には、拝観料等が含まれます。なお、交通費は含まれません。
※当日、御葬儀などがある場合は拝観できない可能性があります。

スケジュール

実施日 時間 講義内容
1 2019年01月26日(土) 13:00~14:30 事前講義
2 2019年01月30日(水) 10:00~15:30 ツアー

講師

工藤 健一
(本学文学部講師)

青山学院大学大学院博士後期課程単位修得退学。東京大学史料編纂所古代史料部非常勤所員、聖学院大学講師を経て、現在、鶴見大学・玉川大学・青山学院大学講師。

お問い合わせください

ページの先頭へ