B-22 歴史と文化三渓園に鎌倉ゆかりの寺院を訪ねる

開講済

講座概要

開催日 2018年10月20日(土)~10月22日(月)
曜日 月・土
時間 (事前講義)10:30~12:00(ツアー)13:00~16:00
受講定員 20 名
回数 全2回
受講料 4,500 円

講座内容

三渓園には、多数の重要建造物があります。寺社関係と書院造の住宅関係に分かれます。寺社関係の建築群の中に、鎌倉から移築された旧東慶寺仏殿(応永11-1634)と伝心平寺(建長寺塔頭)地蔵堂と言われる天授院(慶安4-1651)があります。今回は、この2棟を中心に他の重文建築の旧燈明寺三重塔や同本堂、旧天瑞寺寿塔覆堂を見学します。

備考

事前講義=10月20日(土) 10:30~12:00
ツアー=10月22日(月) 13:00~16:00
【行程】
三渓園正門前(13:00集合出発)…三渓園(16:00頃解散)

※雨天決行。
※現地集合・現地解散となります。
※昼食を済ませてから集合してください。また、飲料は各自でご用意ください。詳しくは事前講義でご説明します。
※受講料には、入園料等が含まれます。なお、交通費は含まれません。

スケジュール

実施日 時間 講義内容
1 2018年10月20日(土) 10:30~12:00 事前講義
2 2018年10月22日(月) 13:00~16:00 ツアー

講師

金丸 義一
(建築史家)

芝浦工業大学建築学科卒業。同大学専任講師を退職。立教大学・川村学園女子大学・東北福祉大学非常勤講師として勤務。また、神奈川県横浜市教育文化セミナー、埼玉県委託学校開放講座、学習院大学生涯学習、朝日カルチャー横浜校などの講師を勤める。中尊寺・毛越寺・観自在王院(平泉町)・白水阿弥陀堂(いわき市)・称名寺(横浜市)などの発掘調査に参加。

開講済

ページの先頭へ