A-04 文学旅の歌人―高橋虫麻呂と山部赤人の歌時代の生んだ歌人の軌跡

受講申込み

講座概要

開催日 2018年9月26日(水)~12月5日(水)
曜日
時間 10:30~12:00
受講定員 30 名
回数 全8回
受講料 12,000 円

講座内容

大伴家持の誕生して間もない第44 代元正天皇の養老4 年(720年)、藤原不比等らによって養老律令が撰進され、中央集権国家統治の体制が整えられ、聖武天皇の御世になり長屋王の皇親政治のもとで、行幸従駕の作が笠金村や虫麻呂・赤人等によって産み出された。
律令体制の仕組みから、自然と中央から地方へと旅する機会の多くなった都人の目にとまった名所・旧跡・伝説等の伝誦である。
今回は、虫麻呂と赤人の二人の歌を鑑賞しながら、柿本人麻呂後の長歌の世界を鑑賞する。

テキスト

■テキスト:『万葉集 全訳注原文付(一)』中西進著(講談社文庫)¥690(+税)
『万葉集 全訳注原文付(二)』中西進著(講談社文庫)¥680(+税)
[第1回受付で販売します。]
※テキストをすでにお持ちの方はご持参ください。
■参考書:『万葉集事典』中西進編(講談社文庫)¥1,060(+税)
[希望者には第一回受付で販売します。]

スケジュール

実施日 時間 講義内容
1 2018年09月26日(水) 10:30~12:00 虫麻呂の送別歌(巻6 と9)
2 2018年10月03日(水) 10:30~12:00 虫麻呂の末の珠名と真間の手児奈の歌(巻9)
3 2018年10月17日(水) 10:30~12:00 虫麻呂の浦島の歌(巻9)
4 2018年10月24日(水) 10:30~12:00 虫麻呂の筑波山の歌(巻8 と9)
5 2018年11月07日(水) 10:30~12:00 赤人在京時の歌(巻3)
6 2018年11月14日(水) 10:30~12:00 赤人、地方への旅の歌(巻3)
7 2018年11月28日(水) 10:30~12:00 赤人、羇旅の歌(巻6)
8 2018年12月05日(水) 10:30~12:00 赤人、行幸従駕応詔の歌(巻6)

講師

露木 悟義
(本学名誉教授)

東洋大学大学院文学研究科博士課程単位修得退学。
鶴見大学名誉教授。

受講申込み

ページの先頭へ