B-08 歴史と文化土地に刻まれた歴史を読む地図から学ぶ歴史と文化

お問い合わせください

講座概要

開催日 2018年6月4日(月)~7月2日(月)
曜日
時間 13:30~15:00
受講定員 30 名
回数 全5回
受講料 7,500 円

講座内容

私たちの周りには、さまざまな地図(地形図)が溢れています。かつて寺田寅彦は、その随筆の中で、この世の中で「安いもの」を挙げると、その筆頭に地図があり、それはあらゆる有用な知識の宝庫である、と云っています。さらに、地図がもっとも忠実な助言者かつ相談相手であると、地図の素晴らしさを絶賛しています。
本講座では、地図が実用向きだけでなく、古い地図に歴史資料として高い価値もあることを学びます。これまで“眺め”てきた地図を、“読む”地図に代えてみませんか。

テキスト

■教材:毎回、関係資料を配付します。

注意事項

平成26年度第1クール・第2クール講座と一部内容が重複します。

スケジュール

実施日 時間 講義内容
1 2018年06月04日(月) 13:30~15:00 地形図を身近に読み解く 
-読図入門の第一歩-
2 2018年06月11日(月) 13:30~15:00 伊能図の魅力とその評価 
-伊能忠敬の人物像-
3 2018年06月18日(月) 13:30~15:00 南サハリンの旧日本領とは 
-女優・岡田嘉子の逃避行-
4 2018年06月25日(月) 13:30~15:00 名作映画「劒岳」と立山連峰 
-未測量の山頂への踏査-
5 2018年07月02日(月) 13:30~15:00 新旧地図の対比にみる新宿発展の姿 
-宿場町から都心へ-

講師

永野 征男
(日本大学名誉教授)

日本大学大学院理工学研究科博士課程修了。理学博士。日本大学名誉教授。専門領域は「地誌学」・「都市論」。
現在、横浜市立大学・日本大学講師。鎌倉市都市計画審議会・鎌倉市まちづくり審議会委員。州立ワシントン大学客員研究員。社会人講座は、朝日カルチャーセンター、横浜・川崎・調布市などの市民講座を歴任。

お問い合わせください

ページの先頭へ